Pocket

遥香です。こんにちは。

 

夏もこれからが本番ですね。

夏休みもあり、気持ちが弾む季節ですが

夏は流行性の病気が多い季節でもありますよね。

手足口病もまさに夏に流行する病気です。

 

集団生活を送っている子どもがいると

気が気じゃないですよね。

 

でも、手足口病?名前は知っているけど…って方も

多いと思います。

 

知っているようでよく知らない手足口病について

今回は書いてみようと思います。

 

スポンサーリンク

 

夏に流行します!流行のピークは7月

 

手足口病は夏期に流行するウイルス性の感染症です。

6月くらいから流行り始めてピークは7月。

夏休みが終わる8月くらいまでは流行します。

 

手足口病は

 

エンテロウイルス

 

コクサッキーウイルス

 

この2つのウイルスが原因で発症します。

ざっくりわけると夏風邪の一種なんですって。

 

患者は小児が大半で、患者全体の8割ほどは

5歳以下の小さな子どもなんです。

潜伏期間3日から6日くらいです。

 

原因ウイルスが複数あるので、一度かかっても

またかかることがあります。

病後は免疫が落ちていてウイルスに感染しやすいので

ゆっくり休んでしっかり治しましょう。

 

手足口病はこんな症状です

 

手足口病 という名前のとおり

手のひら足の甲足の裏口の中などに

水泡性の発疹ができます。

 

発熱することもありますが、2~3日で

下がることが多いようです。

微熱のことも多いです。

 

ちなみに我が家の子どもがかかった時は

微熱から38℃いかないくらいの熱が出ました。

幼稚園で流行していたんですよね。

 

発疹は米粒くらいの大きさで、

一週間くらいで消えていきます。

手のひらとかにできているのを初めてみると

ちょっとビックリしますね。

 

口の中にできた水泡がつぶれて口内炎になることが

多いのですが、これがすごく痛いのです。

しみるのがイヤで食欲がガクンと落ちる子も多いです。

スポンサーリンク

 

じきに治りますがつらいので、なるべく刺激の少ない

食べやすいものを選んであげるといいと思います。

 

冷たいものは、比較的食べやすいようですよ。

 

手足口病を予防するには

 

手足口病は、飛沫や接触によって感染します。

赤ちゃんのおむつを替えるときなどは十分に手洗い

するようにします。

 

処理した手から感染することってけっこうあるそうです。

それから、うがいも効果的です。

 

普段から手洗いうがいは大事ですが、感染拡大を防ぐのに

絶大な効果があるのでしっかり行いましょう。

 

感染拡大を防ぐためには

 

予防と感染の拡大防止には、消毒も大きな効果があります。

 

ただし、手足口病の原因であるエンテロウイルス、

コクサッキーウイルスはノンエンベロープウイルスといって

アルコール消毒剤や熱に対する抵抗力が強いウイルスです。

 

ノロウイルスなんかもそうですよね。

以前夫がノロウイルスにかかったときには知らなくて

家族の感染を防ごうと思って家じゅうエタノールで

消毒してまわりましたが…全員感染した苦い思い出が 笑。

 

ですから普通に使っているアルコールなどでは

感染を防止できないことがあります。

 

そのノンエンベロープウイルスに効果があるのが

 

酸性アルコール消毒剤です。

 

最近では、ノンエンベロープウイルスにも効く

酸性アルコール消毒剤が市販されています。

予防にも感染の拡大防止にも効果絶大なので

用意しておいて損はありませんよね。

 

手足口病にかかってしまったら

 

他の病気にも言えることですが、

集団生活をしていたらお休みをして、回復を待つ。

たくさん寝て、とれるもので栄養を取る。

これに尽きますね。

 

感染症というのは、時間が一番の薬になるので

かかってしまったら諦めてゆっくりするのが最善策です。

幸い手足口病は、かかっても重篤な症状が出ることは

少ないです。

 

ゆっくり休んで、免疫を上げていけば

またすぐに、元気に駆け回れるようになります。

 

看病する人も、いい機会ですから

一緒にゆっくりできるといいですね。

スポンサーリンク

早くよくなりますように。