Pocket

遥香です。こんにちは。

 

何回かお伝えしてきたファミレスキッチンの

お仕事。

 

どんな仕事でもそうだと思いますが、やはり

始めたばかりの時は思わぬ失敗をしてしまい

ますよね。

 

もちろん私も恐ろしくたくさんの失敗をしま

した 笑。

 

私や、一緒に働いていた仲間の失敗の一部を

ご紹介します。

 

失敗の解説もしますので参考にしてみてくだ

さいね。

 

自信をなくしていたあなた!元気出ますよ。

 

スポンサーリンク

キッチンスタッフ 失敗いろいろ

 

ファミレスに限ったことではないでしょうが

飲食店のラッシュタイムは戦争です。

 

しかも繁盛店だったりすればもうそれはそれ

は目まぐるしい展開。

 

慣れない新人がポン、とそこに入って滑らか

に動けるか?というと…。

 

パニック必至ですよね!

 

自分がどう動いていいかさえわからないの

が新人です。

 

オーダーの数に焦り過ぎてテンパる

 

新人Aさん 私ですけどね( ´艸`)

入ってすぐ、ラッシュタイムのオーダーの数

にすっかり舞い上がってしまい、覚えきれて

いないメニューが作れず、提供時間を大幅に

越えてしまった。

 

ファミレスは時間帯や曜日によって、料理の

提供時間(お出しするまでの時間)が決まっ

ています。

 

ランチタイムは職場の休み時間を利用して来

店するお客さんも多いので10分程度に設定さ

れています。

 

この提供時間を守るために、各店提供率って

いうのが発表されるため、提供が遅れること

を社員さんたちはものすごく嫌います。

 

新人でも慣れている料理ばっかりだったらそ

んなに困ることもないんですが、そんな中に

めんどくさいメニューが入るともう大変!

 

あっという間に提供時間は過ぎてしまい、

提供遅れのアラームを鳴らす羽目に。。。

 

オーダーの順番を間違える

 

新人Aさん また私ですけどね( ´艸`)

オーダーで時間のかかるメニューを見落とし

て、全部出来上がるころに気づく。

他に注文したものが冷めてしまってお客さん

からクレーム。結果、全部作り直し。

 

ラッシュタイム(混雑する時間)は、鳴りや

まないオーダー音と共に、伝票がずらっと並

びます。

 

オーダーが鳴ったら、まず一番時間がかかる

メニューを選んでその準備にとりかからない

といけません。

 

私の働いていたところでいうと揚げ物とか

餃子とかですね。

 

6分とかですが、この6分が遅れてしまう

と全体の注文が崩れて惨事になります。

 

ドミノ倒しみたいに崩れていくんです。

 

伝票見たら、まず組み立てを考える。

 

長くかかるものをまず手がけ、その仕上がり

時間に合わせて他の料理を仕上げる。

 

自分のところだけでなくて、テーブル全体の

お料理となるべく時間をあわせるように工夫

するのが大事なポイントなんです。

 

ご飯が炊けてない…

 

新人Aさん これも私…笑

炊飯器の調子が悪く、点火したはずなのにい

つの間にか火が消えていて生煮えに。

ラッシュの直前で気づき、予備に置いていた

昔の炊飯器で早炊きをしてギリギリ間にあっ

た。

 

これ、本当にヤバかったです。

 

飲食店でライスがないとか問題外ですもん。

 

しかもランチラッシュの前…目の前が真っ暗

になりました。

スポンサーリンク

 

少し前から炊飯器調子悪かったんですけど、

仕込みが忙しいので、炊飯器ってスイッチ

を押したら炊けるまで、基本見に行かない

んです。

 

炊飯器は2つあって、1つは時間差で点火す

るんですけど、それなりに時間がかかるので

気がついた時点で少量を古い炊飯器で早炊き

して何とか間に合いました。

 

生煮えのご飯は、無理やりもう一度炊いて、

従業員の食事の際のライスで使い切りました

が、めっちゃ不評だったそうです 笑。

 

自分の不慣れやミスも多いんですが、機器の

不調とか思わぬ事態も起こるのが飲食店。

 

最低限の人数で回しているので、何かあった

時のリカバリーが本当に大変なんです。

 

つまずいている時間の作業が遅れてしまいま

すからね。

 

こういう際にもメンバーとの協力が欠かせま

せん。

 

料理を出したいのにお皿がない

 

新人Aさん …これも私…

料理を出すのが精いっぱいで、洗い場にた

っているお皿を洗う暇がなく、料理ができて

もお皿が用意できない。

 

慣れてくると、オーダーはまずまずこなせて

くるんですが、洗い場に行く余裕がなくてお

皿が足りなくなる事態が発生します。

 

何とか出したい一心でそうなってしまうんで

すが、たくさんあるようでお皿ってすぐなく

なりますから、一瞬でも洗い場に回って食器

洗浄機を回すようにするとあとで助かるんで

す。

 

たまに飲食店で食べてる料理のお皿がめちゃ

熱いことないですか?

 

それ、私みたいにお皿に困って洗いたての熱

いお皿で出してるんですよね。

 

料理によっては、冷たいお皿で出すものもあ

ります。

 

予測できる数は冷やしておくとかも大事です

ね。

 

最後の音を聞いた男

 

ベテランフリーターBくん 先輩スタッフ

キッチン一人で営業中、たくさんの注文が入

りパニックに。

何とか全部注文をさばいたものの、大遅れに

なってしまい、聞いたことのないような提供

音を響かせた。

 

たまにはこんな先輩もいます 笑。

 

パニックキャラで、テンパると手が止まると

いう習性を持つ人。

 

でも、いっぺんに注文がくるとほんと真っ白

になりますからね~。

 

混雑する時間帯を過ぎると、一人で営業する

場面があったりします。

 

その時も順番をしっかり組まないと自滅しま

す。

 

料理が揃ってフロア(ホール)スタッフに運

んでもらう際に、オーダー伝票をバーコード

リーダーで読み込むんですが、提供時間によ

って音が変わるんです。(私の行ってたファ

ミレスチェーンの場合)

 

提供時間内だと ピッ と軽快に。

規定時間を過ぎると ティーロリー。

さらに過ぎると ティロリロリロー⤴

もっと過ぎると ティロリロリロー⤵

これ、同じ音みたいですけど音程?が違う

んですよ。

 

そして、最後の最後は ビッ 。

 

みんな最後の音は聞いたことがなかったそう

で、いや最後から二番目もないかな…。

 

彼は最後の音を聞いた男として有名でした。

 

私の周りだけで、ですけどね 笑。

 

まとめ

 

思いつくまま、いろいろ書き出してみました

が、楽しんでいただけたでしょうか。

 

時間がたっているので、忘れていることもあ

りますが本当にスリリングな毎日でした。

 

こんなドンくさい失敗ばかりの私でも、続け

るうちにきちんとできるようになりましたの

で、あなたはきっと大丈夫です!

スポンサーリンク

 

次回は職場環境について書いてみます。