Pocket

遥香です。こんにちは。

 

めでたくファミレスのキッチンで働くことに

なったあなたへ。

 

おめでとうございます!

 

誰かに認められるって嬉しいですよね。

 

しっかり慣れて、楽しく働きましょう。

 

実際に働いていく中で、スムーズに馴染ん

でいくポイントをお伝えします。

 

私の実体験に基づくポイントですので、必

ずしも多くの人に当てはまるかわかりませ

んが、少しでも参考になりますように。

 

スポンサーリンク

 

めでたく採用されました 最初に何をする?

 

働くことになり、初めて出勤する日。

 

初日は契約等の事務手続きや顔合わせ、制服

のサイズ合わせや専用靴の手配、などなど決

めているうちに終わるはずです。

 

実際にキッチンに入って、メンバーに紹介さ

れたり、入った時の手洗い手順などの説明な

どもされるかと思います。

 

キッチンに入るといろいろな音がしてビック

リしませんでしたか?

 

お店の中とは違う音であふれかえっています

よね?

 

お客さんの入店の音、メニューが入る音、料

理を作るときのタイマーの音、調理器具の音

や仕上がったときにフロアスタッフに知らせ

る音。

 

私は入って半年間くらい耳の調子が変でした

ね~。

 

慣れるといつの間にか治るんですけど、家に

いても注文が入ってくる音の幻聴に悩まされ

たりとかね 笑。

 

音の次に、覚えることの数の多さに圧倒され

ました。

 

こんなにたくさん?調理道具や調味料、冷蔵

庫の食材の場所、お皿の種類…きりがないく

らいです。

 

軽く絶望した記憶が…。

 

覚えなくてはいけない場所などは、画像で覚

えるのがおすすめです。

 

私はメモを持って行って、覚えることを片っ

ぱしから書き、場所などは絵を描きました。

 

家に戻ってから忘れないうちに清書すると、

さらに印象に残るので良かったです。

 

スマホを持ち込ませてもらえるようなら、食

材やモノの場所とかを写真に撮らせてもらう

のもいいですね。

 

いろいろな音と、場所や道具の名前を覚える

ことが初めのポイントになります。

 

もちろん最初は社員の人や先輩パートさんが

丁寧に教えてくれますが、自分の持ち場は早

い段階で任されるので、自分を助けるために

ここはしっかり覚えましょう。

 

キッチンパートに必要なこと いらないもの

 

キッチンのパートをするにあたって、これは

必要…ということと、これいらないってもの

があります。

スポンサーリンク

 

必要なこと 同時進行を手順良く

 

キッチンに限ったことではないかもしれま

せんが、同時進行する時の手際です。

 

同時にやることが、とてもとても多いんです

よね。

 

というよりも…やること自体がものすごく多

いです。

 

あれをやりながらあれをたたんでこれを下ご

しらえして…って感じです。

 

やることが多いから、手順の組み合わせを考

えるのがとても重要。

 

これも、書くといいです。

 

実際にやってみて、効率がいいなと思ったも

のは書いておくと後日助かりますし、他のこ

とにも応用がききます。

 

覚えることはたくさんありますから、全部い

っぺんに覚えるのは不可能です。

 

その日覚えたことはみんな書いてしまう

 

必要な時に見返すと、記憶を上書きできて早

く覚えられるのでおすすめです。

 

その他メニューについては、天文学的な数の

記憶事項があって…メニューを持ち帰って覚

えたり、材料や手順の紙を渡されたりしまし

た。

 

家でも何度も何度も見ていて、こんなんじゃ

割にあわないなぁ…って思うことも。

 

メニューは最初の数ヶ月は夢に見るくらい、

本当に苦労しました。

 

でも、慣れると実生活でも効率よく料理がで

きるようになったりしていいこともあります

よ。

 

いらないもの プライド

 

主婦のプライドです 笑。

 

料理をする仕事ではありますが、マニュアル

があって、独自のノウハウとか主婦のプライ

ドとかは邪魔なんで捨てちゃいます。

 

そして、全然できなくてもあたりまえなので

気にする必要ありません。

 

もちろん、センスが良くてすぐにできてしま

う人も中にはいますけどね。

 

同じ料理ではありますが、家庭でしているの

とは全然違うものです。

 

膨大な作業量にくじけそうになりますが、必

ずできるようになりますから大丈夫。

 

これ、自分にも言ってます 笑。

 

我ながら本当に向いてないと思いましたが、

5年後やめる頃にはメンバーに信頼してもら

えるようになっていました。

 

私みたいに不器用でもできましたから、きっ

とできますよ。

 

まとめ

 

今回は、キッチンパートの実務編を書いてみ

ました。

 

まだ入り口なので、次回はもうちょっと踏み

こんだところを書いてみたいと思います。

 

せっかく縁があって、パートをするようにな

ったのですから楽しく働きたいですよね。

スポンサーリンク

 

少しでも参考になったら嬉しいです。