Pocket

遥香です。こんにちは。

 

夏の暑~い日は妙にゴーヤの苦味が

恋しくなったりしませんか?

 

ときどきあの苦みを無性に欲してしまい

ゴーヤの炒めもの作ります。

 

が!

 

苦味を求めているのに、えぐみはダメ

なんです。。。

 

食べた後に口の中に残る、苦味は苦味

なんですけど、爽やかじゃなくって

言葉通りえぐ~い後味。

 

苦味抜き、いろいろ試したんですけど

これがイチバンだ~と思ったので、

残しておきます。

 

スポンサーリンク

 

ゴーヤの苦味抜きはブレンドがイチバ~ン

 

ゴーヤの苦味を抜くには、塩と砂糖を

ブレンドしたものがイチバンいいと思います。

 

今までずっとゴーヤの苦味抜きには塩もみだと

思ってやってきたんですよ。

 

でもね、後味の苦~い感じ…えぐみが

どうしても抜けなくて、困ってたんですよね。

 

仕方なく、水にさらしたりしてみたんですけど

苦味は抜けずに水っぽくなってしまって。

 

で、いろいろ調べたら、塩と砂糖で苦味抜きを

している人がいたのでマネしてみたんですね。

 

そしたら、爽やかな苦味だけが残って

あの、あと残りするえぐ~い苦味が

抜けてくれたんです。

 

おいしくて、同じくゴーヤ好きの娘と

パクパク一皿平らげてしまいました。

 

ゴーヤの苦味抜きのやり方

 

ゴーヤの苦味抜き 分量目安

ゴーヤ  1本

    小さじ軽く1

スポンサーリンク

砂糖   小さじ2

 

ゴーヤは縦半分に切り、わたをスプーンでくりぬく

     

両端を落として半月切りにする

     

塩と砂糖を混ぜたものでもんで20~30分おく

     

洗い流して、そのまま調理開始!

 

苦味をしっかり抜きたいからと、長時間おくのは

おすすめしません。

 

水分が抜けすぎて、砂糖や塩の味が濃くなって

しまうんですよね。

 

浸透圧の関係らしいです。

 

詳しく説明できなくてすみません 汗

 

ちなみに時間をおきすぎたものを調理すると

ちょっと漬物っぽい風味になってしまい

新鮮な味わいがなくなってしまいます。

 

せいぜい30分まで

 

時間がすぎたら軽くもんで洗って、水切りして

おくといいですよ。

 

気持ちいい苦味がおいしい夏の味覚

 

 

今回は、シンプルにツナと一緒に炒めました。

ゴーヤは油に味がなじむので、炒めものが

おいしいですね。

 

箸がすすんで、今回も娘が一皿ペロッと

食べてしまいました。

 

暑いからこそ、ゴーヤの苦味がじんわりと

おいしいんですよね~。沁みる~!!

 

夏の晩酌のおつまみにもぴったりです。

 

私は最近めっきりお酒が弱くなってしまって

麦茶やレモン酢サイダーと一緒に食べてますけど 笑。

 

強火でシャキッと炒めて、きれいなグリーンを

スポンサーリンク

楽しみながら、夏をまるっと味わっちゃいましょう~。