Pocket

遥香です。こんにちは!

梅雨が明けたらすぐ、本格的な夏です。

 

炎天下の下、いろいろな行事やイベント

部活にトレーニング…なんて場面もありますよね。

 

夏が暑いのは当たりまえ…どうせ暑いんだから

暑さを思いっきり味わうのもいいよね~。

 

うん、それもいいんですが…。

脱水は気づかないうちに一気に襲ってきます。

あれ?ちょっと頭が痛いなぁ…って思っているうちに

体調を大きく崩すことだってあるんです。

 

少しの頭痛とあなどらずに、しっかりケアをして

脱水のトラブルを未然に防ぎましょう!

 

脱水でなぜ頭痛になるのでしょうか

 

脱水症状でどうして頭痛が起きるのでしょうか。

人間の身体はたくさんの水分でできていますが、

汗をたくさんかくことで水分や電解質が減少して

しまいます。

 

水分が足らないと、身体は血液をうまく循環させられ

なくなり脳は酸欠状態を起こします。

 

酸欠状態を脱しようと身体は脳の血管を拡張しようと

しますが、急な拡張で血管周辺の神経が刺激され、

そのため頭痛が起こると言われています。

 

体重の5パーセントほどの水分が失われてしまうと

脱水の症状として、頭痛や吐き気などが出てきます。

 

この段階で脱水の症状だと気づかずにいると、脱水の

ケアが遅れてしまいます。

 

あとから水分の補給をしても間に合わず、意識障害などの

大きなトラブルにつながることがあります。

 

のどの渇きなどの自覚がない場合でも、頭痛が

起きたらまず、水分や電解質の補給を心がけましょう。

 

頭痛を抑えようと安易に薬をのんじゃダメ!

 

頭痛が出てしまったとき、つらいからとすぐに

鎮痛剤を飲んでしまってはダメなんです。

 

たとえ一時的に痛みが抑えられたとしても

痛みの原因になっている脱水の症状そのものは改善されて

スポンサーリンク

いないわけですから、またすぐに痛くなります。

 

そして、水分不足の状態が続くと血液中の水分が少なくなり

血液がドロドロになってしまいます。

 

そうなると血栓などの血液疾患も起こりやすくなってしまい、

深刻な事態になりかねません。

 

頭痛が起きたとき、脱水の症状ではないか?と確認してみて

可能性があるならすぐに水分、塩分などの補給をしましょう。

 

水分をとるときには、暑いからと冷たいものをごくごく…ではなく

常温に近いものの方が、身体に吸収されやすくてベターです。

 

経口補水液

 

スポーツドリンク

 

などをのどの渇きを感じる前から飲むようにして、

失う水分や電解質を補うのがいいですね。

 

脱水の危険は夏場や昼間だけじゃない

 

脱水症状は、真夏、そして昼間だけだと思っていませんか?

 

脱水は梅雨の湿度の高い状態や、冬の乾燥した状態でも起こります。

 

私は梅雨のとき、日が出ていないからと油断して

あやうく熱中症になりかけたことがあります。

 

どうして、こんなに目がチカチカして頭が痛いのだろうと

思ったら、もう倒れる寸前でした。

 

梅雨の湿気でムンムンしている草むらで、子どもの

運動会のイベントをしていた時のことです。

 

この時はすぐにスポーツドリンクを飲んで事なきを得ました。

 

たとえ日がでていなくても、脱水症状は起こります。

 

夜寝ているときだって起こるんです。

 

運動する前

 

寝る前

 

起きてすぐ

 

などは、水分や塩分をとることを習慣づけると良いと思います。

 

 

よくある頭痛だから…と軽く考えて取り返しのつかないことに

ならないよう、暑い時期は特に意識して水分、塩分を補給したいですね。

スポンサーリンク